舌下免疫,品川区 新馬場駅徒歩5分のぞみクリニック。消化器科内科・小児科・外科・感染症科の専門クリニック

舌下免疫

当院では、スギとハウスダストの舌下免疫療法を行なっております。
(火曜日〜土曜日 筋野 恵介が担当しております。)治療等詳しく知りたい方は、お気軽に当院までお問い合わせ下さい。


まず、アレルギーって何?

人の体にウイルス等の病原体が侵入してくると、免疫細胞が抗体というものを作り、病原体を排除します。
アレルギーが無い場合、免疫細胞の抗体は、人に害を及ぼす病原体にだけ反応します。
アレルギーがある場合、免疫細胞の抗体が人に害が無い、スギ花粉やハウスダスト等にも反応してしまう為、鼻水・くしゃみ・目の痒み等を引き起こしてしまいます。



体の中のアレルギー反応が出る仕組み

①アレルゲン(スギ花粉等の物質)が入ってきます。
②異物と判断して抗原提示細胞が、抗体を作る様にT2細胞リンパ球に伝えます。
③T2細胞リンパ球が、B細胞リンパ球にアレルゲンの型にあったIgEという抗体を作らせます。
④IgEが、スギ花粉等のアレルゲンを捕まえます。
⑤捕まえた物質を処理しなくてはいけないので、肥満細胞がアレルゲンを捕まえたIgEを取り込みます。
⑥ある程度溜まると、肥満細胞が破裂して処理します。
⑦この破裂した際に、大量のヒスタミンが出てきます。これが、痒みや発赤を起こす原因です。



アレルゲン免疫療法とは

①大量のスギ花粉の薬を飲んでもらいます。大量って所が大事です。
②大量に入ってくると、過剰のアレルギー反応(アナフィラキシーショック等)の副作用を防ごうと体の免疫も動きます。
(もちろん、異物は入ってきているので、上に書いてある①〜⑦も体の中では起こっています。)
制御性T細胞とT1細胞リンパ球が、T2細胞リンパ球に、B細胞リンパ球を刺激しない様に働きかけます。
③制御性T細胞とT1細胞リンパ球もそれぞれB細胞リンパ球にIgG4やIgA等を作らせます。
④IgG4は、IgEを作っているB細胞リンパ球に働きかけ、IgEを作らせるのをやめさせてIgG4を作らせる様に指示します。

ざっくりと説明しましたが、これにより、アレルギー症状を抑えて行くわけです。


アレルゲン免疫療法を3〜5年続けると、その後、約7年弱、薬を飲まなくても良い期間が出来ます。この期間を過ぎると効果が落ちて行くので、また、アレルゲン免疫療法を再開します。(ただし、個人差がありますので、治療期間や効果には、差が出ます。)

ご挨拶 一般診療 専門外来 各種健康診断 各種予防接種 遺伝子診断 在宅医療 舌下免疫 ブログ ギャラリー
Copyright(c)nozomiclinic All Rights Reserved.